breakとcontinue

繰り返し制御breakとcontinueはfor文,while文,until文(このページではこの三つをループと呼ぶ)で使用できるコマンドである.
break
continue

break

breakはループを抜けるように指示する.
while :
do
echo hoge
break
done
上の例で:はtrueコマンドと同じである.trueコマンドは必ずtrueを返す.すなわち上の例は無限ループだが,hogeと一回表示したあとbreak文でループを抜ける.breakは一つの数値パラメータをとることができる.この数値(正の整数)で抜けるループの数を指定することができる.

continue

continueは次の繰り返しに飛ぶように指示する.
while :
do
echo hoge
continue
echo fuga
done
上の例も無限ループである.hogeを表示したあと,continueによって次の繰り返しに飛ぶ.したがって,fugaと表示されることはない.continueも一つの数値パラメータをとることができる.この数値(正の整数)でどのループの次の繰り返しに飛ぶかを指定できる.

This article was written by Fujiko