ファイヤープロジェクト
SiteGeneratorって何だ?
2003-08-16T17:36+09:00   matsu
XML文書からサイトを構築するPerlスクリプトSiteGeneratorの紹介
SiteGeneratorはXML文書からサイトを構築するツールである.すなわちサイトの構築,更新時に面倒な作業である,サイト全体の構成の統一や各ページの構成の統一,インデクスページの作成を自動化または支援する.データの一元化を進めることで,サイトの全ページに記述された情報を一度に変換することができる.
SiteGeneratorの機能一覧を以下に示す.
4種類のコンテンツタイプのサポート.
SiteGeneratorによって生成されるサイトは,top,feature,diary,siteImportの4種類のコンテンツを作成できる.top以外はいくつでも作成できる.
ナビゲータの自動生成
上記のコンテンツへのナビゲータをSiteGeneratorが生成する全ページに記述する.
RSSファイルの自動生成.
featureの記事XML文書をもとに,RSSファイルを自動生成する.
新着記事一覧の自動生成
上で自動生成したRSSファイルから新着記事一覧を自動生成する.
テンプレートによるカスタマイズ
全ページに使用されるヘッダとフッタ,そしてTOPページはテンプレートファイルを記述することでカスタマイズできる.また,テンプレートではXML文書の特定のデータを指定することができる.
目次自動生成
featureはカテゴリとサブカテゴリで構成されるが,これらの目次を自動生成する.この時,各記事のサマリも表示する.
日記自動生成機能
diaryコーナーのトップページには,自動的に最新の書き込みを記述する.また,それ以外の書き込みは,月毎に自動的にページを生成し,diaryコーナーのトップページからリンクを張る.
siteImport機能
掲示版やチャットなど,SiteGenerator以外のツールで作成されているページへのリンクを全ページのナビゲータ部に記述する.
なお,SiteGeneratorが出力するHTMLファイルの文字コードはUTF-8である.
百聞は一見にしかず,その自動生成振りが完全に伝わるわけではないが,SiteGeneratorで構築したサイトを以下に示す.
ファイヤープロジェクト
言わずと知れたこのサイト自身である.
X3Cs
実はSiteGeneratorはX3Csを自動生成するためのツールをより一般化したツールである.
matsu(C)
Since 2002
Mail to matsu