ファイヤープロジェクト
VNC
2003-02-23T00:00+09:00   matsu
VNCはネットワーク接続されたリモートマシンのデスクトップを表示したりするのに使用する.XよりもCPU負荷が軽く,Xよりも通信負荷がかなり重い.
  • apt-get install vncserverをする.
  • 次に,/etc/vnc.confを編集する.
    $fontPath.="/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc/,";
    を書くだけでできた.
  • あとは,apt-get install gnome-session task-gnome-desktop task-gnome-apps gnome-session sawmill-gnomeした.
サーバは,vncserver :1で起動,vncserver -kill :1で終了する.
  • apt-get install xvncviewer
あとは,サーバに接続する.xvncviewer servername:1
  • vncクライアントからssh -L 5902:servername:5901 servernameを実行.
  • vncサーバでvncserver :1を実行.
  • vncクライアントでxvncviewer localhost:2を実行.
始めのsshにおける5902の下一桁がxvncviewerのディスプレイ番号(上の例では 2)になる.また,同5901の下一桁がvncserverのディスプレイ番号(上の例では1)に なる.
なんだかダメな見出しだが,とにかくいろんな実装があって,別の実装を試してみた.
  • ここから vnc_3.3.3r2_x86_linux_2.0.tgzをダウンロードする.氏名等の入力フォームが あるが,入力しなくてもダウンロードできる.
  • tarで展開する.
  • vnc_x86_linux_2.0以下のファイルにパスを通す.これらのファイルを~/bin 等のしたにコピーしてもよい.
~/.vnc/にXでいうところの".xsessionファイル"をおく(ファイル名は, xstartup).Xがサーバに入っているなら,cp /etc/X11/Xsession ~/.vnc/xstartupがてっとりばやい.
フルスクリーンでVNCする例.
vncserver :1 -geometry 1024x768
xvncviewer -fullscreen (servername):1
matsu(C)
Since 2002
Mail to matsu