ファイヤープロジェクト
Tomcat
2003-07-20T15:13+09:00   matsu
TomcatはJakartaのサーブレットエンジンである.Debian環境では他の環境とちょっと勝手が違うので,メモしておく.
以下,Woodyで.
  1. apt-get install tomcat4 tomcat4-webapps(tomcat4-webappsはサンプルのサーブレットやJSP)
  2. /etc/default/tomcat4を編集
    JAVA_HOME="/usr/local/j2sdk/j2sdk1.4.1_01"
    
    などとする.
  3. いわゆるTOMCAT_HOMEは/usr/share/tomcat4となる.
  4. サーブレットやJSPは$TOMCAT_HOME/webapps/に置く (server.xmlなどを変更すれば別の場所でも可). tomcat4-webappsのサンプルもここに置かれるようだ.
起動は
/etc/init.d/tomcat4 start
終了は
/etc/init.d/tomcat4 stop
多くのサーバと同様だ.
ApacheでできることはApacheでやり,Tomcatが必要になったときにApacheからTomcatを呼び出すことができる.今回はこれをやってくれるいくつかのコネクタのうち,mod_jkを使用する.
apt-get install libapache-mod-jk
1つ目の質問にYで答えてhttpd.confを書き換えてもらう.
2つ目の質問は任意(どのみちあとでapacheは再起動する).
Debianパッケージの場合,インストーラがほとんど設定をやってくれる.
/etc/apache/httpd.confの編集.
  • 以下を確認
    LoadModule jk_module /usr/lib/apache/1.3/mod_jk.so
    
  • 末尾に以下があるかを確認.
    <IfModule mod_jk.c>
    # The following line is for apacheconfig - DO NOT REMOVE!
    JkWorkersFile /etc/tomcat/jk/workers.properties
    Include /var/lib/tomcat/conf/mod_jk.conf
    </IfModule>
    
  • ファイルの末尾にJkMountを書く.例えばtomcat4-webappsパッケージのインストールで作成されるexamplesをapacheからtomcatに飛ばしたければ以下を書く.
    JkMount /examples ajp13
    JkMount /examples/* ajp13
    
/etc/tomcat4/servlet.xmlを編集(このファイルは/usr/share/tomcat4/conf/servlet.xmlとハードリンクされているようだ).
以下をコメントアウト.
<Connector className="org.apache.ajp.tomcat4.Ajp13Connector"
           port="8009" minProcessors="5" maxProcessors="75"
           acceptCount="10" debug="0" address="127.0.0.1"/>
/etc/tomcat/jk/workers.propertiesの編集.
  • TOMCAT_HOMEを書く.
    workers.tomcat_home=/usr/share/tomcat4
    
  • JAVA_HOMEを書く(ただし下の例は私の環境での話.j2sdk1.3をapt-getした場合はそれに合わせる).
    workers.java_home=/usr/local/j2sdk/j2sdk1.4.1_01
    
あとはtocatとapacheを再起動すれば,http://hostname/examplesが見られる.
matsu(C)
Since 2002
Mail to matsu